LINE TEL

腰痛・骨盤矯正が評判の整骨院 | 長井きずな整骨院 | 横須賀市・葉山町

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧 > 背中の症状 | 横須賀市 長井きずな整骨院の記事一覧

脊柱管狭窄症

2022.11.17 | Category: 背中の症状

脊柱管狭窄症について

背骨の中のトンネルが狭くなり神経が圧迫されてしまい、痛みを感じたり炎症が起こるのが脊柱管狭窄症の症状です。

脊柱管狭窄症の原因

神経を守る役割を持つ背骨のトンネルが狭くなる原因は、大きく3つに分けられます。
生まれつきトンネルが狭い先天的要因によって、年齢が若くても神経が圧迫されてしまう人もいますが、発症者の割合としては多くはありません。

背骨を支えるクッションとしての役割を持つ椎間板が、年齢を重ねるごとに変形して神経を保護できなくなる、後天的要因が割合としては最多です。

椎間板が弱ると背骨が正しい形を維持するのが難しくなり、真っ直ぐに背骨を伸ばしているつもりでも姿勢が歪んでしまいます。

交通事故などの衝撃によって背骨のトンネルが狭くなり、痺れや痛みが後遺症として残る人も珍しくありません。脊椎を手術した後に背骨のトンネルが狭くなった例も多くあり、外的要因によって脊柱管狭窄症を患っている可能性も意識して、対処法を考える必要があります。

脊柱管狭窄症の症状

炎症が発生した部位によって症状は変化するので、どの神経が圧迫されているのか調べてから施術方法を決めることも重要です。

神経の圧迫が続くと足の動きがおかしくなり、痺れが残り続ける場合もあるので早期に施術を始めることを推奨します。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

脊柱管狭窄症になっている方は、背骨の動きがない方がとても多いです。当院では背骨や骨盤のバランスを整えて痛みを改善していきます。「ご自分でしか出来ない対策」として、日常で気をつけていただきたい姿勢についてもお話いたします。お気軽にご相談ください。

当院の脊柱管狭窄症に対する施術の特徴

①分析

①長井きずな整骨院では、脊柱管狭窄症に対して何が原因で脊柱管狭窄症が発生しているのかを分析します。
脊柱管狭窄症の場合痛みの箇所そのものに原因があるよりも、その他の場所に原因があることが多く当院では原因を見極めてから施術を開始致します。

②体に負担の少ない施術

②長井きずな整骨院での脊柱管狭窄症に対する施術のメインとなるのは骨盤矯正です。体の中心にある骨盤に問題があると脊柱管狭窄症を発生しやすくなります。当院ではアメリカ発祥のトムソンベッドという矯正専用ベッドを使用して骨盤矯正を行います。ボキボキと鳴らす矯正ではなく、限りなく体に負担の少ない施術の方法を取り入れています。

③ハイボルテージ治療器、超音波治療器

③ハイボルテージ治療器には大きく分けて2つの効果があります。
一つ目は痛みが脳に伝わる過程をコントロールし、痛みを軽減する効果(ゲートコントロール作用)です。
2つ目は筋肉を動かして血流をよくすることで痛みを取り除く効果(筋ポンプ作用)です。
当院ではお身体の状態に合わせてこの2つの効果を使い分けて症状改善を目指します。
超音波治療器は1秒間に100-300万回の振動を体の深部に伝える治療器です。
固まった筋肉の血流を改善させる効果や、鎮痛の効果があります。
ハイボルテージ治療器、超音波治療器は一流アスリートの方々にも愛用されています。

ITO Sports Project – 伊藤超短波 (ito-sports-project.com)

④EMS

④長井きずな整骨院での脊柱管狭窄症に対する施術は骨盤矯正の他にも楽トレという筋力を鍛える機械があります。市販のEMSとは違い深部のインナーマッスルを狙って鍛えることが出来ます。

⑤アドバイス

⑤長井きずな整骨院では、施術だけでなく普段のセルフケアや食事についてのアドバイスをさせていただいております。

長井きずな整骨院
へのご予約・お問い合わせ

当日・翌日のご予約の方はこちらから

長井きずな整骨院
へのご予約・お問い合わせ

当日・翌日のご予約の方はこちらから

ボタンをクリックで
QRコードが開きます。

ボタンをタップで
ラインアプリが開きます。