LINE TEL

脊柱管狭窄症 | 腰痛・骨盤矯正が評判の整骨院 | 長井きずな整骨院 | 横須賀市・葉山町

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

脊柱管狭窄症について

背骨の中のトンネルが狭くなり神経が圧迫されてしまい、痛みを感じたり炎症が起こるのが脊柱管狭窄症の症状です。

脊柱管狭窄症の原因

神経を守る役割を持つ背骨のトンネルが狭くなる原因は、大きく3つに分けられます。
生まれつきトンネルが狭い先天的要因によって、年齢が若くても神経が圧迫されてしまう人もいますが、発症者の割合としては多くはありません。

背骨を支えるクッションとしての役割を持つ椎間板が、年齢を重ねるごとに変形して神経を保護できなくなる、後天的要因が割合としては最多です。

椎間板が弱ると背骨が正しい形を維持するのが難しくなり、真っ直ぐに背骨を伸ばしているつもりでも姿勢が歪んでしまいます。

交通事故などの衝撃によって背骨のトンネルが狭くなり、痺れや痛みが後遺症として残る人も珍しくありません。脊椎を手術した後に背骨のトンネルが狭くなった例も多くあり、外的要因によって脊柱管狭窄症を患っている可能性も意識して、対処法を考える必要があります。

脊柱管狭窄症の症状

炎症が発生した部位によって症状は変化するので、どの神経が圧迫されているのか調べてから施術方法を決めることも重要です。

神経の圧迫が続くと足の動きがおかしくなり、痺れが残り続ける場合もあるので早期に施術を始めることを推奨します。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

脊柱管狭窄症になっている方は、背骨の動きがない方がとても多いです。当院では背骨や骨盤のバランスを整えて痛みを改善していきます。「ご自分でしか出来ない対策」として、日常で気をつけていただきたい姿勢についてもお話いたします。お気軽にご相談ください。