LINE TEL

腰椎分離症 | 腰痛・骨盤矯正が評判の整骨院 | 長井きずな整骨院 | 横須賀市・葉山町

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

腰椎分離症について

腰椎分離症は、成長期の病気で見落とされがちな疾患です。主に、10代の前半ころから小学生の高学年から中学生および高校生くらいの年齢にかけて起こりやすい病気ですが、成長期のスポーツ選手に多い腰部分のケガです。

腰椎分離症は、背骨を構成している腰椎の椎弓と呼ぶ部位に疲労骨折が生じてしまい、腰椎が2つに分離してしまう状態です。

発症するタイミングとしては成長期になりますが、このとき腰椎分離症に気が付かないと大人になってからレントゲン撮影などで指摘が行われるケースも多いようです。

腰椎分離症の原因

腰椎分離症の原因は、未熟な骨の脆弱性と激しいスポーツを行ったときの繰り返し動作での腰椎へのストレスの2つが考えられます。

10代の子どもの骨はまだ成長段階であり未熟で、軟骨部分も多いなどから強いストレスが繰り返し起きるとダメージも大きくなりがちです。スポーツ運動による原因の場合は、反らす・捻るなどの動作が多い運動などの場合は負担が大きくなりやすく腰椎分離症に繋がることも少なくありません。

腰椎分離症の症状

症状によりますが、疲労骨折している部分が余計に離れてしまってずれる腰椎すべり症になることもあるので早期段階での発見および治療が重要です。

腰椎分離症でお悩みの方は当院にお任せください

当院ではその場しのぎでただ痛みを抑えるだけでなく、根本となる原因に対してアプローチし、改善へ導きます。大好きなスポーツを長く続けられる身体を一緒に作っていきましょう。腰椎分離症のことなら長井きずな整骨院にご相談ください。